汗かきの人は化粧品選びに困ることが多く、特に真夏は念入りな対策が必要になる場合があります。日焼け止めも簡単に落ちないものを選ぶ必要があるため、スプレータイプや飲む日焼け止めなどそれぞれの特徴を知る必要があるのです。

コラム

汗かきは化粧品選びにいつも困る!キープ力の強い日焼け止めはある?

投稿日:

汗かきの人は化粧品選びに特に気を配る必要があります。

化粧崩れはどうしても目に付きやすく、見た目も悪くなってしまう場合があります。

また、汗が体臭の元になってしまうことも多く、何かと気を使いがちです。

あまりに症状がひどい場合は多汗症などの可能性もあるため、病院で診察を受けた方がよい場合もあります。

汗かきの人は化粧品選びが重要なポイントに

汗かきの人は自分に合わせた化粧品を探すのに手間取りがちです。

一般的な化粧品では化粧崩れが目だってしまう場合も多く、日に何度も化粧をなおさなければならないなど大きな負担になることもあります。

化粧品のタイプを含めて選んだ方が良く、購入する商品によって大きく生活が変わる場合もあります。

ファンデーションはリキッドタイプを使うなど、使い分けも重要になります。

リキッドタイプは汗で落ち辛いものが多く、パウダータイプよりもメイクのキープ力が高くなっています。

下地を含めてしっかり作ればそれだけ長時間持つ場合が多く、汗かきの女性の味方になってくれるのです。

肌への負担が気になる人向けの、薬用化粧品なども販売されています。

化粧崩れしてしまった場合の手入れもポイント

汗かきで化粧が崩れてしまった場合は、どのようになおすかも大切になってきます。

家に変えるだけの場合はあまり問題なくても、仕事中などであれば精神的に落ち着かない原因になります。

時間がある場合は乳液を使って表面のメイクを落とし、新しく塗りなおすなど工夫をするのがおすすめです。

軽い化粧崩れであればあぶらとり紙やティッシュでふき取り、パウダーで補う方法もあります。

注意したいのは皮脂のとりすぎです。

皮脂は皮膚を保湿する役割があり、あまりとりすぎると肌荒れがおこりやすくなります。

急いでいるとどうしても力を入れたりしてしまいがちなため、優しく拭きとり、負担を抑えるのがコツです。

汗かきがひどい場合は多汗症の恐れも

汗かきがひどく、年中悩まされている場合は多汗症を疑った方がよい場合もあります。

自律神経の働きが弱ることで汗が出やすくなってしまうため、薬で補うことで症状が改善することがあるのです。

脇汗や体臭が気になる場合も相談してみるのがおすすめです。

多汗症はストレスなどが原因でおこることがあるものの、原因がはっきりしない場合もあります。

原因がわからない場合でも薬は処方してもらえるため、コントロールがしやすくなります。

生活環境や習慣は簡単に変えられないことが多いため、悩み続けるよりも相談した方が早いのです。

精神科や皮膚科で診察を受けることが可能で、健康な範囲か切り分けるのにも役立ちます。

日焼け止めもしっかり選ぶ必要がある

汗かきの場合は日焼け止めにも気を配る必要があります。

化粧品と同様に汗で落ちてしまうものもあるため、持続力を考えることが重要だからです。

ウォータープルーフタイプで汗落ちしにくい商品も販売されているため、ローションやスプレーなどから好みの商品を選ぶことも可能です。

代わったタイプで言えば、飲む日焼け止めも販売されています。

ハリウッドセレブが愛用していることから日本で広まり、ヒット商品になっています。

サプリメントタイプで体の内側から日焼け防止を目指すのが特徴になっているのです。

他の日焼け止めと併用して、より効果を高める方法もあります。

-コラム

Copyright© 肌びと , 2018 AllRights Reserved.