肌荒れがおきると、メイクやスキンケアをどうするか迷ってしまいがちです。日焼け対策も同じで、中には悪化を防ぐためにクリームなどを塗らない人もいます。ただし、肌に優しい日焼け止めも開発されているため、無理のない範囲で利用した方が良いのです。

コラム

悪化を防ぐ肌荒れのときの日焼け対策はなにがいいの?

投稿日:

肌荒れは美容の大敵で、メイクやスキンケアにも大きな影響を与えます。

肌荒れが続くと色素の沈着がおきやすくなり、ニキビ後なども残りやすくなるため影響も大きくなりがちです。

適切に肌荒れをケアするだけでなく、影響が少なくなるようにしっかり保護することが大切になるのです。

肌荒れはしっかりケアして早く治す必要がある

肌荒れは早めにケアを行い、治すことが大切です。

自然に治るのも待つ方法もありますが、肌が荒れた場所は刺激に敏感になり、更に悪化する可能性もあります。

肌荒れの原因を特定して対処することも重要で、長引かせるほどシミやクスミなど影響が残りやすくなるのです。

肌荒れがおきると、皮膚の細胞が刺激され色素の分泌が促進されます。

紫外線から肌を守るための仕組みが誤って働き、シミが出きる原因となるのです。

ニキビ跡が残るなど皮膚の再生に悪影響を及ぼすこともあります。

紫外線が肌の奥まで届きやすくなってしまったり、雑菌が繁殖しやすくなるなど、放置して良いことはあまりないのがポイントです。

まずは肌荒れの原因を特定することから

肌荒れがおきた場合は、原因を特定することが重要です。

特におきやすいのが生活習慣の乱れや、食事の偏りです。

ストレスが原因で肌が荒れることもあります。

また、新しい化粧品を使いはじめた場合や、古い化粧品を使った際も注意が必要です。

肌質に合わない場合や化粧品が酸化している場合は肌が荒れやすくなるからです。

生活習慣と食習慣を見直すことは肌荒れを治すためにも大切です。

健康な生活は肌の再生力を高めてくれるからです。

ストレスをためがちな場合は休みを多くしたり、リラックスできる時間を作るなど生活にメリハリをつけることをおすすめします。

新しい化粧品は必ずパッチテストを行い、古くなった化粧品は捨てるなど割り切りも必要です。

肌荒れのときは紫外線対策を忘れがち

肌荒れのときは、紫外線対策を忘れがちになります。

クリームやローションなどを塗ると肌に負担がかかり、状況が悪化する場合があるからです。

肌が荒れた状態だと紫外線が肌の奥に届きやすくなるため、しっかり対策をした方が良いのです。

肌荒れが治っても紫外線の影響で色素が沈着することもあるため、ある程度保護するのがおすすめです。

まずは傷口を保護できる保湿用の化粧水を使うなど、工夫をすることで対策がしやすくなります。

肌が荒れた部分に膜を作るイメージで、保護機能を優先して化粧品を選ぶのも方法です。

クレンジングも肌荒れが悪化する原因となるため、水やぬるま湯で落とせる化粧品を選ぶなど、落とすときも考えて選ぶのがポイントです。

日焼け止めも意識すると更にプラスに

紫外線対策にはスプレータイプの日焼け止めや、ローションやクリームを利用するのが一般的です。

肌にしみる場合は刺激が強すぎるため、しっかり保護してから利用するのが大切です。

痛みや刺激が不安になるのであれば、飲む日焼け止めを利用するなど体の内側から対策をしていく方法もあります。

ポイントになるのが、石油系の保存料やアルコールなど、肌の刺激になるものを避けることです。

ウォータープルーフの日焼け止めもクレンジングが必要になるため避けるのが基本です。

肌が健康な状態になるまで帽子や日傘を利用するなど他の対策と組み合わせ、少しでも負担を減らすことが重要になります。

-コラム

Copyright© 肌びと , 2018 AllRights Reserved.