人気コスメケア スキンケアの通販やおすすめ口コミなど人気商品のご案内中♪

美白や美肌に憧れる女性たちに大切な基礎化粧品や人気のコスメを中心に提供しております!乾燥肌や敏感肌でお悩みのかたにおすすめする肌ケア・スキンケアで化粧ノリも良くなることでしょう。

人気のコスメケアで貴女のお肌もツルスベ肌に大変身!

がん大国の日本で自分の健康を守るために必要なオーガニックとは

2人に1人はがんで亡くなるとされている日本。その理由は有害物質を含んだ日用品や食品添加物の過剰摂取にありました。そこで最近注目されているのがナチュラル志向です。オーガニックという言葉は聞いたことがあるけど詳しく知らないという人はこの記事で理解を深めましょう。

リルジュ

がん患者が世界的に多い日本。その原因は発がん成分を含む日用品や食料品を日々摂取していることです。そこで現在は身体に無害で良いものを選ぶナチュラル志向な人が増えています。最近よく耳にするオーガニックもその1つですが、それがどうゆうものか分からない人も多いはずです。そこでナチュラル志向にはかかせないオーガニックとはどういうものか説明します。

がんの原因は日用品の化学物質や食品添加物にあった

日本は世界的にみてがん大国といわれています。2人に1人はがんで亡くなるといわれ最近では若くしてがんを患う人が増えています。

がん患者の人口が年々増加している

その原因は日用品や食料品に含まれる有害物質です。市販のシャンプーや化粧品には有害な化学物質が含まれており、これを使うことで日々有害物質が皮膚から吸収されています。

また加工品やインスタント食品には多くの添加物が含まれており、これらを摂取し続けていると身体に有害な物質がどんどん蓄積していきます。その結果がんだけではなく肺炎や不妊、アレルギーなどさまざまな悪影響が身体にでてくるのです。

最近ナチュラル志向が注目をあつめている

さまざまな有害物質の中で生活している現代人ですがここ数年でその事実も徐々に広まりはじめ、利用する日用品や食事に気を使う人が増えています。最近では至るところで無添加や無農薬、オーガニックという言葉を耳にするようになりナチュラル志向が高まっています。

無添加や無農薬についてはその意味を理解しやすいですが、オーガニックの意味を知らない人は多いはずです。なんとなく身体にいいイメージがするからという理由で選んでいる人も多いでしょう。そこでオーガニックとはどうゆうものなのか詳しくみていきましょう。

オーガニックの目的は人間と環境にやさしいこと

オーガニックとは有機と同じ意味です。農薬や化学肥料に頼らず太陽・水・土地・生物など自然の恵みを生かした農林水産業や処理方法を行うことで、人間と環境にやさしい健全な食物連鎖を目指すことを目的としています。

そのためオーガニックの食品や日用品は安全性が高く、防腐剤・保存料・石油由来成分・合成着色料・合成香料などを一切不使用とストイックな内容のものも多くあります。また植物由来の成分が配合されている場合はそのエキスは化学的な処理をしていないものが多く身体にやさしい製品が多いです。

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

オーガニックコスメを選ぶときはBDIHマークを探そう

ナチュラル志向ブームにより日本におけるオーガニックコスメブランドの知名度も一気に上がり、最近ではさまざまなお店で購入することができます。しかし種類が多いため悩むことも多いでしょう。そこで選ぶ基準としてオススメするのがドイツに2000年に発足したBDIHというナチュラルコスメの認証です。

ドイツの有名オーガニックコスメブランドをはじめ参加しているメーカーは80以上あります。その認証を受けるためには可能な限り有機栽培もしくは野生の植物を原料とすることや、合成色素や遺伝子組み換えのものを一切使用しないなど、さまざまな項目をクリアする必要があるためBDIHの商品は高品質なものが多く集まります。オーガニックコスメを選ぶ際はHIDBマークを参考にしてみるといいでしょう。

自然食品店やオーガニックレストランが増えている

最近のナチュラル志向や健康ブームでオーガニック食品を取り扱う自然食品店もたくさん増えたため、誰でも手軽に安全な食料品を購入できるようになりました。

ナチュラル志向が人気がありオーガニックコスメを選ぶ女性も多くなってきた

また近くに自然食品店がない場合でもインターネットで注文できるサービスがあり、定期配送で有機野菜などを購入する人も増えています。

街中ではオーガニックカフェやレストランなど健康的な料理が楽しめる飲食店も増えています。オーガニック食材は身体に良い影響を与えるだけでなく、素材が持つ本来の美味しさを感じられることも人気がでる要因の1つです。もし近くにオーガニックレストランがあるなら1度いってみましょう。

さまざまな有害物質と隣り合わせで生活している現代人が、健康的に生きるためには自ら利用するものや食べるものをしっかり選ぶことが大切です。ナチュラル志向を意識することは大切ですが、一気にすべてを切り替えてしまうと負担に感じ持続しない可能性があります。はじめは日用品をオーガニック製品へ変えてみるなど簡単なところからはじめ、徐々に習慣を付けていきましょう。

>> 化粧品・医薬部外品等ホームページ

>> ナチュラルコスメブランドにみるブランドデザインマネジメント


次のページへ >

投稿日:

Copyright© 肌びと , 2018 AllRights Reserved.