節約というと我慢というイメージがありますが、我慢せずに節約ができる方法があります。ここでは、無理なく健康的に電気代とコスメ代を節約する方法を紹介します。

コラム

無理なく電気代とコスメ代を節約!安く作れる手作り化粧水は防腐剤なしで安心

投稿日:

貯金をするためには、日々の節約が重要となってきます。

しかし、節約をすることが苦痛となり、毎日を楽しめなくなってしまうのは考え物です。

そこで、ここでは苦痛を感じることなく、簡単で、しかも健康にも役立つ電気代とコスメ代の節約方法をお伝えします。

テレビを見るのを我慢しなくても電気代の節約は可能!

節約術としてよく紹介されるのが、電気代の節約です。

しかし、電機製品の使用時間を減らす方法、特にテレビを見る時間を減らすのは、日常の楽しみが減ってしまいます。

そこで、契約アンペアを変更して基本料金を節約する方法はいかがでしょうか。

これなら電気を使う時間を減らさなくても、毎月の電気代を節約することができます。

ほとんどの人は入居時に設定されていた契約のまま、何も考えずに電気料金を払い続けていることでしょう。

しかし、現時点の契約アンペア数にもよりますが、契約アンペアを一つ下げるだけで、年間3000円程度の節約になります。

扇風機とエアコンの併用で夏の電気代を節約!

夏はエアコンを使うので、電気代が高くなりがちです。

節電のためだからとエアコンをつけないというのは苦痛ですし、体調不良の原因にもなってしまいます。

夏場の電気代を節約するためには、エアコンと扇風機と併用することをオススメでします。

扇風機をつけることで、部屋の空気が循環し体感温度が下がります。

エアコンの設定温度をいつもより2℃上げて扇風機を併用すると、使用時間などにもよりますが、3ヶ月で2000円程度の節約ができます。

エアコンの設定温度を上げることは、身体の冷やし過ぎからくる体調不良も防ぐことができるというメリットもあります。

コスメ代の節約のカギは手作り化粧水にあり!

女性にとって毎月外すことのできない出費は、コスメの購入費用です。

基礎化粧品にメイクアップ用品を合わせると、月2~3万円の出費になってしまう人も少なくありません。

節約のためといえども、女性にとってスキンケアやお化粧をしないとうことは、あり得ないことです。

そこで、オススメしたいコスメ代の節約方法が、化粧水を手作りすることです。

市販されている化粧水の成分表示を見ると分かりますが、化粧水の原料は主に水とグリセリンなので、この二つさえ混ぜ合わせれば化粧水は作れてしまいます。

防腐剤無添加で安心!簡単に作れる手作り化粧水

手作り化粧水を作るために必要なものは、化粧水を入れるための容器(100円ショップなどで売っているスプレー容器など)、精製水、グリセリンの3点のみです。

作り方は、容器に精製水100mlとグリセリン5mlを入れてシェイクするだけ、という手軽さです。

保湿力を高めたい人は、グリセリンを10mlに増やします。

逆にさっぱり感を出したい人は、精製水とグリセリンでできた化粧水に、さらに無水エタノールを5ml加えます。

精製水は500mlが100円程度、グリセリンは100mlが500円程度で、いずれも薬局で購入できます。

500mlの化粧水を作るのにかかる金額は、たったの300円程度です。

仮に今まで500mlが5000円の化粧水を毎月1本使っていたとしたら、1ヶ月でなんど4700円もの節約になります。

手作り化粧水には防腐剤が入っていないので肌に負担をかけることがないという、節約以外の嬉しいメリットもあります。

しかし、その分傷みやすいので冷蔵庫で保存する必要があります。

無理のない電気代の節約方法には、契約アンペアを下げる方法や、エアコンと扇風機を併用する方法があります。

また、コスメ代の節約には、精製水とグリセリンで化粧水を手作りすると良いでしょう。

-コラム

Copyright© 肌びと , 2018 AllRights Reserved.