海遊びをするなら念入りな日焼け対策は重要になってきます。肌をこんがり焼きたいときも無防備なままではマイナスが大きくなるからです。スプレーやクリームのほかに飲む日焼け止めなども販売されているため、良いとこどりするのも方法です。

コラム

海遊びでは念入りな日焼け対策を!お肌を焼きたいポイントとは

投稿日:

海遊びで夏を満喫したい人や、肌を焼きたいという人は多いものです。

注意したいのが肌の保護で、意識しないと火傷のように熱を持ってしまうことや、痛みやかゆみが長引いてしまうことがあります。

あとあとシミが残りやすくなるなど悪影響も出やすくなるため、日焼け防止はある程度意識する必要があるのです。

海遊びで一気に肌が焼ける人は多い

海遊びで一気に肌が焼ける人は多く、シーズンを満喫した証になることもあります。

海遊びで肌が焼けやすくなるのは、紫外線が海で反射するからです。

直接降り注ぐ紫外線だけでなく、海面や砂浜からの反射もあるため日焼けが進みやすくなるのです。

注意したいのは日焼けのしすぎて、肌トラブルの元となる場合があります。

肌が弱い人の場合は水ぶくれが出来てしまうなど、深刻な状態になることがあります。

健康な人でも肌が熱を持ち、しばらく痛みやかゆみが治まらないなどダメージが長引くことがあるのです。

海遊びをするのであれば紫外線対策は必ずした方が良く、遊んで後悔が残らないようにするポイントになっているのです。

日焼けを目指す場合も肌の保護を意識する

海遊びに行く人の中には肌を焼くことをメインに考える人もいます。

健康的に焼けた肌は魅力的に見えることが多く、モテを意識して焼く人もいるほどです。

注意したいのは直接日光を浴びるとダメージが残りやすくなることで、オイルなどで保護する必要がある点です。

日焼け用のサンオイルやジェルは肌を保護するためのもので、紫外線によるダメージを和らげ、均一に肌を焼くために貢献してくれます。

ただし、肌を焼いている最中は水分をすぐに補給出来る状態にしておくなど工夫も必要です。

脱水状態や熱中症で倒れる人も多いため、日陰で紫外線の反射を使って焼くなど体調にあわせて肌を焼いた方が良いのです。

海遊びで焼けてシミが残る人もいる

海遊びで日焼けをしても、その後のケアが誤っているとシミの原因となることがあります。

シミを残さないために紫外線対策をしておくだけでなく、しっかり焼いた場合はアフターケアに気を使う必要があるのです。

シミを残さないポイントは日焼けした部分しっかり冷やすことです。

海水につかるとかえって肌が荒れてしまうため、シャワーで熱をとり、涼しい部屋で休むことがおすすめです。

短期間で集中して焼こうとすると肌へのダメージも大きくなることに注意が必要になります。

肌が熱を持った状態でなかなか引かない場合は翌日外出することを控えるなど、体調を重視してコントロールすることも大切です。

飲む日焼け止めを選択肢に入れる方法も

海遊びをするなら飲む日焼け止めを選択しに入れるのも方法です。

飲む日焼け止めは様々な栄養素で代謝をサポートすることで、シミやシワが残りにくくします。

日焼けによるダメージが気になるのであれば、塗る日焼け止めやスプレーなどと組み合わせると効果的なのです。

積極的に肌を焼きたい場合も、栄養のバランスは重要になります。

しっかり休んで肌を回復させないと健康的に焼けてくれず、ムラが出来てしまうことがあるからです。

肌を焼いた後は肌荒れが置きやすくなるのもポイントで、トラブルを防ぐためにも重要です。

肌の材料となるたんぱく質を中心に食事をとり、野菜や果物の不足をサプリメントで補う形にするとわかりやすくなります。

-コラム

Copyright© 肌びと , 2018 AllRights Reserved.