ファンデーションには様々な種類があり、UVカット機能を持たせたものも珍しくなくなっています。肌は年齢による老化だけでなく紫外線の影響を受けるのがポイントで、日焼け止めと組み合わせることで美白や美肌に貢献するのです。

コラム

UVカットのファンデーションも常識に!日焼けから肌を守るポイントは

投稿日:

ファンデーションにUVカット機能を持たせるものが増えています。

これは紫外線が肌に与えるダメージの大きさが科学的に証明され、肌を守る重要性が見直されているためです。

日焼け防止だけではなく、シミやシワなどを防止するためにも活用できるのが魅力です。

ファンデーションは肌を守るための重要アイテム

ファンデーションはシミやクスミを隠すのに利用が可能で、肌色を良く見せることができます。

基本的な化粧アイテムとして利用する人が多く、バリエーションも豊富です。

一方で、肌に合わないものを使ってしまうと肌荒れが起きてしまうなど、トラブルを招くケースもあります。

自分の肌に合わせたファンデーション選びは重要なのです。

ファンデーションを負担に思う人もいますが、紫外線から肌を守る効果が高いのは覚えておきたいポイントです。

紫外線を反射、吸収することで、肌へ直接紫外線が当たることを防げるからです。

紫外線はシミなどの原因になるだけでなく、肌にダメージを与えて老化させることがわかっています。

紫外線をしっかり防ぐことは大切なのです。

UVカットのファンデーションが増えている

ファンデーションを日常的に使う人は多く、肌の保護のために利用する人もいます。

UVカットのファンデーションも販売されていて、日ごろから紫外線の対策をしやすくなっているのも魅力です。

冬場や曇り、雨の日でも紫外線は降り注いでいることから、シーズンを問わず気を使っている人も増えているのです。

ポイントになるのが使い心地との両立です。

UVカット能力が高くても、手持ちの化粧品との相性や、肌との相性で使い辛い場合もあります。

自分の理想の色が出ないことも珍しくないため、いくつか種類を試しておいた方が良いのです。

日焼け止めなどを組み合わせることを前提に、つけ心地やコストパフォーマンスを優先するのも方法です。

ファンデーションの落としやすさに注意

UVカットを意識し、耐水性が高く化粧崩れしにくいファンデーションも販売されています。

一方で、水で落とすのが難しく、クレンジングを念入りにしなければならない場合もあります。

紫外線とは別に、肌に残ったファンデーションやクレンジングのし過ぎが肌に負担になることもあるため、落としやすさはある程度意識した方が良いのです。

また、クレンジング方法も重要になります。

一度にクレンジングを手に取るのではなく、2回程度に分けて、部位別につけていくと肌の負担が和らぎます。

まずは額から鼻にかけてのTゾーン、次は両ほほをふくむUゾーンと分けるのが基本です。

こすってしまうと肌に負担がかかるため、丁寧に優しく馴染ませることが大切です。

日焼け止めと組み合わせた方が効果が高い

ファンデーション単体でも紫外線防止効果はありますが、日焼け止めと組み合わせると更に効果が高まります。

日焼け止めはジェルタイプなどの塗るものやスプレータイプのもの、変わったものではサプリメントタイプのものも販売されています。

念入りに対策をしたいのであれば化粧の下地作りの前に使い、応急的にはスプレーを使うなど工夫をするのがおすすめです。

特に顔以外の部分はファンデーションなどを使わないため、日焼けなどが目立つことがあります。

首や手は年齢が出やすいと言われる場所で、しっかりと紫外線から保護することが大切です。

顔以外の部分にも使いやすいため、日焼け止めがオールシーズン活躍する場合もあるのです。

-コラム

Copyright© 肌びと , 2018 AllRights Reserved.